りゅうじょういん  ちゅうこうじゅうはちせい りゅう りょうたつし しんざんしき

龍城院  中興十八世 龍良達師 晋山式について


晋山式の意義

山と言う文字はお寺を表します。お寺にはそれぞれ山号と言うものがあります。龍城院は福井山(ふくいさん)が山号です。山に晋(すすむ)と書く晋山式とは、新しい住職が正式にお寺に入られる儀式です。

先代住職が亡くなられた後、平成30年1月22日に龍良達師が比叡山に行かれ天台座主より辞令を頂き龍城院住職に認められました。その時の挨拶で、檀家の皆様に親しく接し常に檀家のことを思い愛されるお寺にしていきたいと誓いの言葉を述べられました。こうした志をお持ちの新住職を檀家全員で龍城院へお迎えします。檀家が中心となって行うお披露目の儀式です。

晋山式実行委員会 委員長 笠原堯

親授式(龍城院住職辞令伝達式)

平成30年1月22日 比叡山坂本 於 滋賀院

晋山式お祝い金のお願い

経済状況の不安定な時に誠に恐縮ですが、晋山式が円成出来ますように、実行委員会ではお祝い金をお願いしています。

お寺に新しい住職を正式に迎え入れる慶び事でございますので、お祝いのお気持ちを持ってお祝い金を御厚志頂ければ幸いに存じます。

龍城院にて令和3年3月末まで受付をしています。

晋山式開催予定日

令和3年5月16日(日曜日) 於 龍城院

天台宗岡山教区の部内寺院住職皆様にご臨席頂き法要を行います。

併せて南光坊本堂落慶式、稚児行列、記念式典などを行う予定です。

予定記念事業

檀家の皆様に、より開かれた寺作りを主旨として以下の記念事業を計画しています。

南光坊本堂復興、鐘楼堂の修繕、園庭開放の為の中庭整備、記念腕輪数珠の作成など計画しています。